小学校低学年向け おすすめプログラム絵本6選ランキング

プログラミング的思考を学べる絵本があるのはご存知でしょうか?

プログラミングに触れたことがない人にとっては、「プログラミングって難しそう、小学生の子どもに理解できるかな・・」と不安になってしまいますよね。

でもご安心ください!小学生のプログラミング教育とは、プログラミングそのものを勉強するものではなく、仕組みを身につけるものです。

おすすめ絵本と概要を紹介していますので、お子さまが好きそうな絵本を選んでみてください。

【小学校高学年向けの参考記事】

>>小学校高学年向けおすすめプログラミング絵本

 

プログラミング的思考には絵本がおすすめな理由

プログラミング的思考には絵本がおすすめな理由

小学生のプログラミング的思考を育むには、絵本が最適です。

その理由は、「いざ、プログラミング!」と構えるのではなく、絵本という身近にあるものからプログラミング的思考に触れることができるからです。

絵本だと絵があってイメージしやすく、お子さんの柔軟な頭で絵本の中に入っていけば、すんなりとプログラミング的思考を育むことができます。

【あわせて読みたい】

>> プログラミング教育が就職に役立つ理由

>> プログラミング的思考と論理的思考の違い

 

おすすめ絵本7選(小学校低学年向け)でプログラミング的思考が身につく

あるあるないない

こちらはプログラミングではないですが、今の便利な世の中の当たり前に使えるものがなくなったらどうなるの?というお話です。

例えば、電気や電話がなかったらどうなるのか、どうするのかと、お子さんと一緒に考えながら読むと良いですね。

プログラミングを学ぶ前にお子さんの想像力を高めることができる絵本で、年長さんなど幼児期からも一緒に読んで考えることができる本です。

 

コンピュータのひみつ 小学生向け 絵本 (どんどんめくってはっけん)

身の回りにはスマートフォンやゲーム、パソコンなどの様々なコンピュータが、どのように動くのかしかけをめくりながら知識をつけていくことができます。

身近にあるコンピュータを触りながら絵本を読んで、わくわくしながら仕組みを学べます。

小学生低学年のお子さんなら楽しんで読み進めることができます。

 

いちばんさいしょのプログラミングえほん プログラミングをはじめる前に親子で読む本

2020年から必修化となったプログラミング教育では思考を学びますが、プログラミングの考え「アルゴリズム」「シーケンス」「デバック」「抽象化」を小学生にもわかりやすく解説しています。

巻末には、小学校でのプログラミングの指導要領に保護者向けの解説がついているので、親としても読んで役立ちます。

ストーリーになっているので、プログラミング的思考が理解しやすい絵本で、対象年齢は3歳から小学校低学年ぐらいまでです。

 

プログラムすごろく アベベのぼうけん おどろきの上巻

この本は、アベベが父の残したプログラムに挑戦する旅に出るという物語です。

すごろくをしながらアベベを動かすことで、物語が進んでいき、自然とプログラミング的思考を学ぶことができる絵本です。

ルールや筋道を考えたりして、プログラミングの基礎や仕組みを知ることができます。

 

ルビィのぼうけん こんにちは!プログラミング

プログラミング的思考が身につく、世界で話題になっている本です。

ルビィという女の子の日常生活を通してプログラミング的思考の考え方の基礎を知ることができるので、小学生低学年から大人まで読んで役に立つ本です。

このルビィの冒険シリーズは第3弾まであるので、段階的に学びたい方におすすめです。(3冊セットのルビィのぼうけん 親子でテクノロジーに触れようセットも販売されてます。)

 

5才からはじめる すくすくプログラミング

5歳~7歳(幼児~小学校低学年)のこども向けのScratch Jr(スクラッチジュニア)を使ってプログラミングの基礎が学べる絵本です。

Scratchは8歳以上のこども向けに作られたプログラミング言語で、本書で使うScratch Jrはさらに小さい子供向けなので直観的に操作がしやすくなっています。

Scratch Jr(スクラッチジュニア)は、パソコンのブラウザやタブレットなどで利用することができます。(スマホだと画面が細かくて操作しにくいです)

ScratchJr

ScratchJr

Scratch Foundation無料posted withアプリーチ

 

この絵本は、全てひらがなで書かれているので小学校低学年でも簡単に読み進めることができます。

本の説明に従って、キャラクターを斜めに動かしてみたりと、子どもでも簡単にプログラミングの体験ができます。

 

ビスケットであそぼう 園児・小学生からはじめるプログラミング (ぼうけんキッズ)

ビスケット(Viscuit)は、パソコンのブラウザやスマートフォン・タブレットなどを使って視覚的に操作ができるプログラミング言語です。

この本は、園児・小学生低学年の子供から学べるように、ビスケット開発陣が自ら書いた入門です。

自分で描いた絵を動かして、絵の動きに変化をつけながらプログラムをつくっていくので、こどもが興味を持つこと間違いなし。

 

ビスケット(Viscuit)の無料アプリもあるので、別記事をご参照ください。

>>幼児・小学生から遊べる無料プログラミングアプリ

 

まずはプログラミング絵本で簡単に思考を育もう!

プログラミング絵本なら、年長さんなどの幼児や小学生のお子さんでも簡単に楽しむことができますね!

お子さんが好きそう、もしくは親御さんも読んでみたいと興味を持つ本を、まず手にとってみてはいかがでしょうか。

親がある程度プログラミング的思考をしっておいて、今後のお子さんの勉強のサポートをしてあげれると良いですね。

【オススメ記事】

>> 小学校高学年向けおすすめプログラミング絵本
>> プログラミング教室おすすめ5選と口コミ・評判

スポンサーリンク
英語×プログラミングはD-SCHOOLオンライン
D-SCHOOL(オンラインスクール)英語_プログラミング_コース

D-SCHOOLは14日間の無料体験あり!

マインクラフト(マイクラ)で学べるオンライン教室。近くにプログラミング教室がない、費用が高くで通わせるのは難しいという方に最適。”英語&プログラミングコース”なら英語も同時に学習できる!詳細記事を読む

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事