クレファス キックス(Crefus Kicks)は年長から通えるロボット教室|料金は高い?特徴は?

ロボニャン
"ロボット検定"の認定校でロボット大会にも出場してるプログラミング教室を紹介するよ!

 

クレファス キックス(Crefus Kicks)ジュニアエリートは、年長から小学校2年生(低学年)の子どもが「ロボット」と「プログラミング」を学べる教室です。

クレファス(Crefus )は、世界規模のロボット大会FLLに毎年出場しているほど、本格的プログラミングが学べるのが特徴。

本記事では、年長から学べるクレファス キックス(Crefus Kicks)ジュニアエリートの月額料金と特徴を解説しています。

【参考記事】
>> 小学校3年生~高学年はクレファスコースで学ぼう

 

また、本記事ではロボット検定やロボット大会の概要についても解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

クレファス キックス(Crefus Kicks)ジュニアエリートが気になる方は、ぜひ無料体験レッスンに参加してみてくださいね。

年長・小学校低学年向けのプログラミング教室「クレファス キックス(crefus kicks)」の特徴

年長~小学校低学年向けロボット×プログラミング教室「クレファス キックス(crefus kicks)ジュニアエリート」

クレファス(Crefus)は2003年に設立された教室で、年長~小学校2年生までのプログラミングとロボットについて学ぶことができます。

クレファスでは、STEM教育を先駆けて取りいれており、15年もの実績があります。

ロボット検定の認定校として認められており、世界最大級のロボット競技会「FLL(ファースト・レゴ®・リーグ)」にも日本代表としてたくさんの子どもたちが出場しています。

STEM教育は、Science(科学)・Technology(技術)・Engineering(工学)・Mathematics(数学)の教育分野を総称したことば。

クレファス(Crefus)の特徴
  • 15年もの実績がある
  • 子供の成長度合いをはかるためのロボット検定にチャレンジできる
  • 身近な大会を開催しておりプレゼンテーションの経験ができる
  • ロボット競技会「FLL(ファースト・レゴ®・リーグ)」に毎年代表チームが出場

 

ステップアップで学べる!年長~小学校2年はクレファスキックス(Crefus Kicks)

クレファス(Crefus)では、学年や身についた力によってステップアップしていきます。

クレファス_ステップアップ

年長・小学校1年生・2年生まではクレファス キックス(Crefus Kicks ジュニアエリート)で基礎から学ぶことができます。

子どもたち自身が思考錯誤しながら、ハード(原理・原則)、ソフト(論理的思考)、プレゼンテーション(表現力・創造)の3つを中心に力をつけていきます。

小学校1年生のスタンダードコースからプログラミング学習も始まるので、ステップアップしながらどんどん本格的にロボットやプログラミングに触れていきます。

 

クレファス(Crefus)はロボット検定の認定校

クレファス(crefus)_ロボット検定の認定校

クレファス(Crefus )はロボット検定試験の認定校」で、"ロボット検定を実施できる試験会場"であり"ロボット検定対策講座を実施できる機関"として協会に認められています。

ほかのロボットやプログラミングが学べる教室と比べても、優れた教育環境が整っているといえます。

ロボット検定とは、ロボットを制作したりプログラミングしたりするスキルを、客観的に評価して判定する”ロボット技能検定”です。

ロボット検定には、以下の2つの役割があります。

ロボット検定の2つの役割
  • 「あるレベルに達したロボット技術者」としてお墨付きが与えられる
  • ロボット技術者になるための技術や知識で必要なことが何かという目安を知れる

ロボット検定にチャレンジするという目標にむかって学ぶことで、より中身のつまった学習ができます。

就職の際にも、「即戦力」となる人材としてひとつの目安になる資格として役立てることができます。

ロボット検定についてさらに詳しく知りたい方は、「小学校低学年でもとれるロボット検定の5つのメリット」をご覧ください。

 

世界規模のロボット大会「FLL」に特化したカリキュラムがある

FLL

ロボット競技会「FLL(ファースト・レゴ®・リーグ)」とは、9歳〜16歳の青少年を対象としたロボットコンテストです。

1998年から始まったコンテストで、アメリカのNPO法人「FIRST」とレゴ社によって開催されています。

世界80か国から29,000チーム以上が参加している世界最大規模のロボット大会です。

 

クレファスでは、代表チームが毎年FLLに参加しています。

FLL認定プラチナスクールにも認定されており、FLLに特化したカリキュラムが設定されているのもクレファスの大きな特徴です。

クレファスキックスの3種類のカリキュラムの内容と身につく力

クレファス キックス(Crefus Kicks)ジュニアエリートでは、3種類のコースによりステップアップしながら力を身につけます。

クレファス キックス(Crefus Kicks)の3種類のコース
  • 「BASIC(ベーシック)コース」:年長(幼児)向け。身の回りのものを科学的に分析して理解する。
  • 「STANDARD(スタンダード)コース」:小学1年生向け。PCの基本操作やプログラミングの基本を学ぶ。
  • 「ADVANCE(アドバンス)コース」:小学2年生向け。生物・宇宙などのテーマから物事が動く仕組みの理解を深める。

年長向け「BASIC(ベーシック)コース」の内容

crefus(クレファス)_ベーシックコース(BASIC)

 

BASIC(ベーシック)は年長(幼児)向けのコースで、ブロックなどに実際に触れながら、大きさ・長さ・重さ・数について知ることができます。

グループワークでは、他の子とコミュニケーションをとることで自分の気持ちや興味について話し、伝えることの楽しさや喜びを体験します。

テーマは「試行」で、試行錯誤しながらものづくりを学びます。

小学校1年生向け「STANDARD(スタンダード)コース」の内容

crefus(クレファス)_スタンダードコース(STANDARD)

STANDARD(スタンダード)は小学生1年生向けのコースで、長さ・重さ・時間の単位について学びます。

算数や図形の基礎を学び、ギアや滑車などのロボットのパーツを組み合わせ、動く仕組みを理解します。

テーマは「思考」で、自分で考えて組み立てるのはのはもちろん、他の子が制作したロボットの良さや改善点を見つけるなど表現力や観察力を育みます。

 

小学校2年生向け「ADVANCE(アドバンス)コース」の内容

crefus(クレファス)_アドバンスコース(ADVANCE)

ADVANCE(アドバンス)は小学生2年生向けのコースで、実験を数値化したり記録したりすることで、物事を比較する力を身につけます。

生物や宇宙など様々なテーマから、原理や動く仕組みなどを学習します。

テーマは「志向」で、問題点を整理して解決のためにできることを考え、判断力や論理的思考力を育てます。

 

クレファス キックス(Crefus Kicks)の料金と授業時間

クレファス キックス(Crefus Kicks)ジュニアエリートの月額料金・入会費用

教材費用と月額料金

料金(税別)
入会金 15,000円
教材費(キット代) 25,410円
授業料(月額) 11,000円
※テキスト代(1,000円/月、維持費1,000円/月)を含む

※教室やコースによって料金が異なる場合がありますので、詳細は各教室にお問合せください。

※その他プレスクール(有料)あり

 

授業時間・回数と対象年齢

授業時間 50分
授業回数 月3-4回/年間42回
対象年齢 年長~小学校2年生(小3~高校生はCrefusコース)
無料体験 あり

※教室によって受け入れ年齢が異なる場合がありますので、各教室にお問合せください。

 

クレファス キックス(Crefus Kicks)の無料体験レッスンを受けよう!

クレファス キックス(Crefus Kicks)ジュニアエリートは、各エリアに展開している教室です。

就職に役立てるためにロボット検定をとりたい!

本格的にロボットやプログラミングを学ばせたい!

というお子さんにおすすめの教室です。

 

まずは無料体験レッスンで教室の雰囲気や授業内容を知ることから始めましょう。

エリア 都道府県
北海道・東北エリア 北海道、宮城県、福島県
関東・甲信越エリア 茨城県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県
中部・東海エリア 静岡県、愛知県
北陸・近畿エリア 富山県、石川県、大阪府、兵庫県、奈良県
中国・四国エリア 広島県、山口県、徳島県
九州・沖縄エリア 福岡県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

 

スポンサーリンク
英語×プログラミングはD-SCHOOLオンライン
D-SCHOOL(オンラインスクール)英語_プログラミング_コース

D-SCHOOLは14日間の無料体験あり!

マインクラフト(マイクラ)で学べるオンライン教室。近くにプログラミング教室がない、費用が高くで通わせるのは難しいという方に最適。”英語&プログラミングコース”なら英語も同時に学習できる!詳細記事を読む

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事