【お手頃】ヒューマンアカデミーの小学生向け「こどもプログラミング教室」で無料体験しよう

ロボニャン
月額料金がお手頃!なのにパソコン操作やプログラミングの経験がたくさんできるプログラミング教室を紹介します。

 

ヒューマンアカデミー 『こどもプログラミング教室』は、楽しみながらプログラミングを学べるお手頃価格の教室です。

他のプログラミング教室と比較した場合の話なので、お手頃といっても月額9,600円(税別)なので、どんな教室なのかちゃんと無料体験レッスンを受けてから決めることをオススメします。

 

ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室は、パソコンに初めてふれる子どもでも、少しずつ段階的にステップアップすることができます。

月2回の授業を受けることで、問題解決能力や論理的思考などのプログラミング的思考がしっかりと身につくようになっています。

本記事では、ヒューマンアカデミー こどもプログラミング教室の特徴とコース・料金についてわかりやすく解説しています。

最後のほうに無料体験レッスンの口コミを書いていますので、そちらを参考にしてみてください。

ヒューマンアカデミー こどもプログラミング教室とは

ヒューマンアカデミー こどもプログラミング教室_ロゴ

ヒューマンアカデミー 『こどもプログラミング教室』は、マウスを握った経験もない子供でも基礎から学ぶことができる、プログラミングを基礎から学べる教室です。

全国に200校以上の教室があり、料金もお値打ちで通わせやすいのが特徴です。

単にプログラミングを学ぶのではなく、「パソコン操作・プログラミング・発表」のなど経験ができるのも魅力的です。

 

こども自身が思考錯誤して問題を解決していくこをに重きをおいているので、こどもの個性を伸ばしたりプログラミング的思考を育むことができます。

「プログラミングは難しい」というイメージがありますが、「プログラミングが好き」という気持ちを育てながらお子さんが楽しめる内容になっています。

(姉妹校のヒューマンアカデミーロボット教室の対象年齢は5歳(幼児)からで、ロボットを制作して動かしながらプログラミング的思考が学べます。

ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室の特徴
  • 教室は全国に200校以上
  • 3つのコースで段階的に学べる
  • 月2回90分の授業
  • ヒューマンアカデミーのカリキュラム専用に作られた教材を使用
  • 身につく能力は集中力、創造力、問題解決能力、空間認識力、プログラミング能力、論理的思考力など
  • 2013年楽天テクノロジーアワード ルビー賞受賞の鳥井雪さん監修の教材

ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室の教材を監修しているのは、有名なプログラミング的思考がみにつく絵本「ルビィのぼうけん」シリーズを翻訳している鳥井雪さん。

本人もRailsプログラマーでもあり、2013年楽天テクノロジーアワード ルビー賞も受賞しています。

ヒューマンアカデミーの教材は、プログラミングを知らない子どもでも自分で制作ができるようになっていて、一から作り上げる体験ができるのが特徴です。

ヒューマンアカデミーで使うプログラミング言語Scratchとは

Scratch(スクラッチ)とは

Scratch(スクラッチ)は、8歳から16歳の子供向けのプログラミング言語で、世界中のこどもたちに使われています。(スクラッチ公式サイト
もっと小さいこども向けに対象年齢5歳からのScratch Jr(スクラッチジュニア)があり、もっと直感的に分かりやすく初歩的なプログラミングを学ぶことができます。
Scratchを使うことで物語・ゲーム・アニメなど、こどもの自由な発想でプログラミングして作り上げることができます。
また、Scratchは無料で利用ができ、世の中に作品を公開することも無料でできます。
プログラミングを学ぶにあたってScratchを知っておくと、もっと学年があがってからも自作で作品が作れたりするので、おすすめのプログラミング言語です。

3つのコースの内容と対象年齢

選べる5つのコースと対象年齢(対象学年)

ヒューマンアカデミー 『こどもプログラミング教室』は、レベルアップしていくごとに、より専門的なプログラミング知識を学ぶことができます。

3つのコースがあり、はじめはパソコンに慣れることからで、段階的に本格的なプログラミングが学べるようになています。

ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室_コース

コース 対象年齢 受講期間 授業回数
ベーシックコース 小学校3年生~
(推奨ため2年生以下も可)
1年間 月2回(90分授業)
ミドルコース ベーシックコースを修了した方 1年間 月2回(90分授業)
アドバンスコース ミドルコースを修了した方 1年間 月2回(90分授業)

 

ベーシックコース

まずはマウスの操作から始めて、パソコンを操作するスキルを身につけます。

プログラミング言語Scratch(スクラッチ)を使いながら、「謎解き→作成→改造→発表」の流れで学習します。

3カ月6回の授業を1タームとして、ステップアップしながら学習に取り組んでいきます。

 

ミドルコース

目的を考えながら、それに向かってプログラミングを体験していきます。

キーボードの入力やファイル操作など、パソコンの基本的な機能を使ってパソコンにもさらに慣れていきます。

月2回の授業で完結するので、目標設置して結果を出すまでが分かりやすく、できた実感を得ることができます。

 

アドバンスコース

プロも使用するプログラミング言語「JavaScript」を使ってゲームを制作します。

作成しては動作確認をする作業を繰り返し、着実に制作を進めていきます。

ミドルコースと同じように、月2回の授業で完結します。

 

ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室の入会金と月額費用

ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室

ヒューマンアカデミー 『こどもプログラミング教室』の月額費用は比較的お手頃で、通わせやすい料金体系となっています。

プログラミング教室では月額料金が1万~3万円のところが多いので、月額9,600円(税別)で学ぶことができるのはありがたいですね。

項目 料金(税別)
入会費用 入会金 10,000円
バッグ・バインダー代(入会時のみ) 2,000円
月額 授業料 9,000円
教材費用 600円

※金額は変更される場合があるので、各教室にお問合せください。

グを知らない子どもでも自分で制作ができるようになっていて、一から作り上げる体験ができるのが特徴です。

こどもプログラミング教室の無料体験は高評価!

ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室は、無料体験の口コミも評価が高いです。

プログラミング教室ならではの費用が高いというデメリットはありますが、それでも子供に学ばせてあげたいなら、まずは体験してみるのが良いですね。

先生が生徒に寄り添ってくれていて雰囲気が良かったです。子どもが分からないことも、アドバイスをくれて自分自身で考えるようにしてくれたので、力がつきそうだと思いました。
パソコンの使い方をしっかりと学べると感じました。先生はプログラミングにも詳しく、丁寧に教えてくれました。何カ月後かに発表もあるようなので、いろんな経験ができると思います。ただ、初期費用が結構かかるなと感じました。
プログラミング教室全般にいえますが、他に比べて安いとはいえ費用は高いと感じました。毎月通わせるとなると迷います。

まずは無料体験で

ヒューマンアカデミー 『こどもプログラミング教室』は、パソコンにふれたことがない子供でも学べるカリキュラムになっているの良いですね。

月額料金もお手頃で月2回の授業なので、金額も頻度も習い事を複数しているかたにオススメです。

こどもプログラミング教室にて、無料体験レッスンを開催中です。

ご自身のエリアの教室をご確認の上、お問合せください。

エリア 都道府県
北海道・東北エリア 北海道、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県
関東・甲信越エリア 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県
中部・東海エリア 岐阜県、静岡県、愛知県
北陸・近畿エリア 富山県、石川県、福井県、滋賀県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
中国・四国エリア 鳥取県、島根県、岡山県、広島県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県
九州・沖縄エリア 福岡県、熊本県、沖縄県

\ヒューマンアカデミーを無料で体験する!/

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事